スマートフォン解析 top

TOP > サービスメニュー > IPv6 プラットフォーム診断

タイガーチームサービスのサービスメニュー

IPv6 プラットフォーム診断

IPv6対応のサーバやネットワーク機器の、プラットフォーム(OSやミドルウェアなど)における脆弱性の有無を診断します。

<診断手法>
専門エンジニアによる手動オペレーション診断を実施します。実際の診断時には、IPv6に対応した各種ツールを使用し、同時に商用診断ツールによる診断を”多重的に実施”することで、検出精度をより向上させています。

<診断方法>
GSX診断環境から外部インターネット経由で実施するリモート診断と、専門エンジニアがサーバ設置場所に伺って診断するオンサイト診断の2通りがあります。(どんな脅威を想定するか等に応じて、お選び頂きます。)

<主な診断項目>
・OSの脆弱性チェック
・ミドルウェアの脆弱性チェック
・アプリケーションの脆弱性チェック
・データベースの脆弱性チェック
・ウイルス感染チェック
・バックドアのチェック
・デフォルトアカウント使用のチェック
・推測可能なパスワードのチェック
・通信の盗聴可否のチェック(暗号化)
・第三者中継(SPAM)のチェック
・証明書の有効性チェック

お問い合わせはコチラ