スマートフォン解析 top

TOP > サービスメニュー > プラットフォーム診断

タイガーチームサービスのサービスメニュー

プラットフォーム診断

スタンダード

ホワイトハッカーの手動オペレーション診断による、複数の脆弱性を組合わせた攻撃など、脆弱性診断ツールによる診断と比較して、実際のハッカーの攻撃手法に近い高度な診断を実施します。
■二重診断による高精度な診断
■安全性への配慮
実際のハッカーと同じ視点でブラックボックス方式のテストを実施し、充分なインターバルをとった作業、目視での異常検知と負荷調整などにより、診断時の障害発生について最大限に配慮した脆弱性診断を実施します。

ライト

関係会社すべての公開サーバーの脆弱性を発見し、脅威に対する体制の全体的な強化(ボトムアップ)を図りたい。など、診断対象のボリュームを優先される企業様向けに、診断項目範囲はそのままに、タイガーチームが長年の経験から選定した脆弱性診断ツールを利用した広範囲対応型サービスです。
■ツールによる高速診断
■より多くの範囲と短時間での診断
脆弱性診断ツールから出力された診断結果は、タイガーチームが確認精査して、よりわかり易い報告書にまとめ、お客様に納品いたします。

診断項目

主に下記の項目を情報収集、診断致します。(約5,000項目以上) 

ネットワークの設定不備 脆弱なサービスの存在 脆弱な古いバージョンのOS・サービス
OS・ミドルウェアの設定不備 不要なコンテンツやスクリプト SSL証明書の不備
暗号化通信の不備 推測可能なパスワード 第三者によるメールの不正中継
サービス比較
スタンダード ライト
診断手法 ホワイトハッカーによる手動
(※一部ツール利用)
ツール+確認精査
診断品質
ポート範囲 TCP:1-65535
UDP:1-65535
TCP:1-1023
UDP:1-1023
報告書 タイガーチームによるわかり易い
報告書
タイガーチームによるわかり易い
報告書
こんなお客様向けです 診断結果の品質や精度を優先されるお客様向け
例)サイトのリリース前にしっかり診断し脆弱性のない状態で公開したい。
診断対象のボリュームを優先されるお客様
例)多数ある関係会社の公開サーバを診断して脆弱性状況のボトムアップをしたい。
同額コストにおける
診断対象範囲

Wht's New

One-Dayパック(プラットフォーム診断)

「初めて脆弱性診断を実施する」「お試しで診断してみたい」などのご要望をお持ちのお客様向けに、一日で診断できる対象をGSXが選定してご提供するタイガーチームサービスです。
(※1ip+5画面遷移が標準目安となります)

お問い合わせはコチラ