スマートフォン解析 top

TOP > サービスメニュー > IoTセキュリティ診断

タイガーチームサービスのサービスメニュー

IoTセキュリティ診断

市場動向と事業内容の視点

 GSXは既にWi-Fiによる無線LAN診断サービスを提供しておりますが、無線を使用した通信はWi-Fi用に割り当てられた周波数帯のみに限らず、Bluetooth、LTE、4G、LPWAやWi-Sunなど、さまざまな周波数帯域においてIoTデバイス機器に活用されております。

 5Gサービスが2020年3月より開始され、各キャリア(大手通信企業)はカバー率の拡張を予定しております。

 今後、企業や自治体はローカル5Gを個別活用、つまり自らの建物内や敷地内といった特定のエリアで自営のネットワークを構築、運用し、時間や場所に則した高速大容量通信を活用できるようになると予測しております。

 通信環境が整備、普及が見込まれる無線通信(5G、Wi-Fi、LPWA、Wi-Sun、Bluetooth・・・)が主流となり利便性が向上する一方、通信環境のセキュリティのみならず、電波を利用したサービス・業務、それらに繋がるIoTデバイス機器のセキュリティの確保、維持、運営が重要となってまいります。 このような背景から、TTSでは高度診断サービスのメニューとして位置づけ、無線通信環境とIoTデバイス機器の2軸においてセキュリティ診断を実施する、ワイヤレスセキュリティ診断サービスを提供する必要があると判断しました。

実施内容
 TTSでは高度診断サービスのメニューとして位置づけ、「ワイヤレスセキュリティ診断サービス」として、以下に掲げる2項を実施します。

  • (1)無線セキュリティ診断
  • (2)IoTセキュリティ診断
実施ステップ

 第一のステップとして、「無線セキュリティ診断」、「IoTセキュリティ診断」に焦点を当て、サービス化を実施します。
 また、 「無線セキュリティ診断」については「LOCAL5G(※)」なども視野に入れた実施を目指す。

これらの診断はそれぞれ「無線工学」「電子工学」の知識を必要とするため、高度診断サービスのワイヤレスセキュリティ診断ソリューションとして位置づけ実施する。

※総務省は全国5Gに「3.7GHz帯」「4.5GHz帯」「28GHz帯」の3つの周波数帯を割り当て、4.5GHz帯(センチ波)と28GHz帯(ミリ波)では「ローカル5G用」の周波数帯域も用意しており、申請があれば調整した上で割り当てる方針。ローカル5Gの申請は2019年中にすでに受け付けられ、2020年早々にも周波数の割り当てが始まりる。このことからLOCAL5Gを視野に入れる。

お問い合わせはコチラ